大量に行われる各実験の環境情報や入出力データを自動的に記録します。 履歴を体系的に保存することで、試行錯誤プロセスが可視化できます。

結果の分析レポートやログなど関連情報も学習結果と紐づけて一元管理可能です。