テナントごとにGPU やストレージなどのリソースを容易に管理できます。

プロジェクト間のデータ秘匿性を担保しつつ、GPU単位での計算資源割り当てが行えます。 また稼働状況や利用率の可視化、リソースのスケールも可能です。