placeholder image 0

2019年5月、KAMONOHASHI OSS化決定!

KAMONOHASHIは、Deep Learningのモデル開発を効率的に行うためのAI開発プラットフォームです。 Deep Learningのモデル開発には、複雑な環境構築・計算リソースの確保・大量に発生するデータや学習履歴の管理といった、煩雑な作業が多く存在します。KAMONOHASHIはこれらの作業を削減し、AI開発者がモデル開発に集中できる環境を提供します。

AI開発プロセスを最大限に効率化し、最高のモデル開発を体験してみませんか。

 AI開発におけるこんな悩みはありませんか?

placeholder image 1

データの管理が大変

学習に使用する大量のデータファイルを、手作業で管理するのが面倒…

placeholder image 2

リソースの管理が大変

GPUはとても高額なのに、使用頻度はバラつきがあったり…効率よくリソースをシェアしたい!

学習の管理が大変

学習に使用したデータ・モデルは手作業で管理。過去の学習条件を再現するのにもひと手間…

 KAMONOHASHIで解決できます

placeholder image 1

タグ・メモ機能

大量のデータは形式問わずまとめてアップロード。ひとつひとつにメモやタグをつけて整理できるためデータ検索が容易です。

placeholder image 2

リソース一覧機能

学習用に用意されたリソースはKAMONOHASHIで一覧化。空き状況を常に確認することができ、チームでのAI開発がはかどります。

学習管理機能

学習に使用した諸々の設定は全てKAMONOHASHIが記録して一覧化。手書きや表計算ソフトでの転記はもう必要ありません。

 管理も楽々

placeholder image 1

複数案件を同居

KAMONOHASHIはマルチテナント方式で構成されます。管理者がユーザごとに案件参加権限を付与することで、案件やチーム間でストレージや計算環境などのリソース共有を実現します。

placeholder image 2

計算リソース稼働率の最適化

KAMONOHASHIは各学習に対して、GPU単位でのリソース割り当てが可能です。リソースを最適な粒度で分割して割り振ることで稼働率を向上できます。また、特定のチームだけでリソースを独占されないように、利用上限を設定したり、ノードごとに利用できるチームを制限することも可能です。

 チュートリアルやマニュアルを完備

placeholder image 1

マニュアル

開発者向けとシステム管理者向けの2種類のマニュアルを用意しています。
KAMONOHASHIをCLIで利用する際のガイドもあります。

Manual

placeholder image 2

チュートリアル

初めての利用者向けのチュートリアルを用意しています。ステップバイステップ形式で、KAMONOHASHIの使用方法を知ることができます。

Tutorial

 お問い合わせ・参考資料

placeholder image 1

お問い合わせ先

kamonohashi-support@jp.nssol.nipponsteel.com

メールする

placeholder image 1

リーフレット

KAMONOHASHI 製品リーフレット (2019年4月)は以下からご覧になれます。

ダウンロードする