KAMONOHASHI 3.xから4.xへの移行

考慮事項

  • KAMONOHASHI 4.x ではアプリのフレームワークのバージョンアップを行いました。
  • それに伴い、4.x へのバージョンアップ後は、3.x へのバージョンダウンはできません。
    • DB のバックアップを用いた、過去のバージョンの再デプロイのみ可能です

事前準備

  • KAMONOHASHI のバックアップが取れていることを確認します
  • KAMONOHASHI の Admin アカウントでログインできることを確認します

KAMONOHASHI 3.x のアンインストール

cd /var/lib/kamonohashi/deploy-tools/
./deploy-kamonohashi.sh clean all
  • アンインストールは ssh を用いて実行されます。
    • 設定されている ssh ユーザはdeepops/config/inventoryansible_userの項目で確認できます。
    • ssh ユーザでの SSH にパスワードが必要な場合は、clean all に-kオプションを追加します。sudo にパスワードが必要な場合は-Kのオプションを指定します。

KAMONOHASHI バージョン 4.0.1 用の構築ツールを入手します

cd /var/lib/kamonohashi/deploy-tools/
git fetch --tags
git checkout 4.0.1.0
git submodule update --init --recursive
  • 構築ツールが正常に取得できているか次のコマンドで確認します
echo KAMONOHASHI deploy tool: $(git tag --points-at HEAD)
echo deepops: $(cd deepops; git tag --points-at HEAD)
  • KAMONOHASHI deploy tool: 4.0.1.0 , deepops: 22.01  が表示されれば正常です。
  • 正常でない場合、git submodule update --init --recursiveでエラーが出ていないかを確認してください

構築ツールの実行ユーザーの移行

  • 過去の deepops では root ユーザーで実行しないと構築途中にエラーが発生していましたが、新しい deepops ではその部分の改善に加え、root ユーザーでの実行を禁止するようになりました。
  • そのため、root 以外のユーザーを用意してそのユーザーで KAMONOHASHI の構築を実行する必要があります。そのためには過去に root ユーザーで実行していたスクリプトの所有者等の変更が必要になります。
    • sudo のできるユーザーを用意してください
    • KAMONOHASHI の全てのサーバーに SSH できるユーザーにしてください
  • 下記のコマンドを k8s-master サーバーの root ユーザーで実行してください。deploy-user の部分は用意したデプロイ用ユーザーに変更してください
chown -R deploy-user:deploy-user /var/lib/kamonohashi/
chown -R deploy-user:deploy-user /var/log/kamonohashi/
  • /var/lib/kamonohashi/deploy-tools/deepops/config/inventory を編集し、ansible_user の値を deploy-user に変更してください

構築に必要なパッケージを入手

  • k8s-master の構築用ユーザーで次のコマンドを実行し、構築に必要なパッケージを入手します
./deploy-kamonohashi.sh prepare

移行設定の生成

  • 次のコマンドを実行し、設定ファイルの生成を行います
./deploy-kamonohashi.sh configure verup

構築の実施

  • 構築用ユーザで次の構築コマンドを実行します
cd /var/lib/kamonohashi/deploy-tools
./deploy-kamonohashi.sh deploy all
  • 構築は ssh を用いて実行されます。冒頭のアンインストールと同様に-K,-kオプションを必要に応じ追加します
  • シングルノード構成の場合は次に注意してください
    • ドライバインストールの際に k8s master サーバが再起動されるため、再起動後に再度./deploy-kamonohashi.sh deploy allを実行してください。
    • 既知の不具合で helm による KAMONOHASHI のコンテナデプロイが一度エラーになりますが、再度./deploy-kamonohashi.sh deploy allを実行すればエラー部分を通過します

構築完了のメッセージが出たらブラウザで次の URL にアクセスし、admin ユーザでログインして利用を開始してください

  • KAMONOHASHI: http://KAMONOHASHI 用サーバ/kamonohashi
  • アクアリウム機能: http://KAMONOHASHI 用サーバ/aquarium